upendi

<   2014年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

シモキタアサゴハン。

東京2日目の朝。
もちろん、ボロホテルに朝食サービスは無く、朝一から下北沢へ。

シモキタで何が食べたいって無かったけど、
あの街の空気で始めたかっただけ。

街はちょっと変わってたけど、少しいくと安息の地。
ふと見つけた小さなお店で朝ご飯。

帰りの新幹線までの動き方プランをたてるwithトーストとコーヒー。


これこれ。

この時間が、したかっただけ。

俺の自由は、わりとこの時間だけでいい。


考え事できる時間って、贅沢ですよ。

f0211671_23512978.jpg


こんな店での朝でした。



Hona
[PR]
by archie-upendi | 2014-05-31 23:52

お東京2。

久々のお東京。
1日目の夜は、もちろんアルコールシンドローム。

結婚式からは、スーっとどろんちょして、一旦、ホテルへ荷物置きにいく。
ホテルといったらひどいもんだった。

赤坂という立地でなければ、今頃閉店ガラガラ騒ぎ。

まー、えぇ。
寝るだけや。

その後、新橋へ急ぎ足。

盟友、TAKUYAとその妻KAORIとのトークセッション。
久々に、彼らの空気感。

喋ってる間に、火がついて、酔いも疲れもリセットされる。

親友は、いつでも親友だった。


それからは、赤坂戻り、結婚式の4次会会場へ合流。

さっそく乾杯の音頭をふられたが、
中国人に教わった、自分の名前の中国読み発音シャウトの乾杯コールがえらいウケて、助かる。


そして、「オメーおもしれーじゃん」という運びになり
見ず知らずのゴロツキたちとの飲みンピックが始まる。

俺をなめたらあかん。

故郷の「芋くらべ祭」という環境で育てられた俺をなめたらあかん。


なめたらあっかん〜



という話である。


Hona
[PR]
by archie-upendi | 2014-05-31 23:40

お東京。

少し前、単身1泊2日の東京へ。
目的は結婚式参加。

2年ぶり、いや3年経ったか東京。

大好きな先輩が結婚ということで、意気込みも尋常でなく。

2時間前には式場に到着…も、
受け付け前ということで、断られる。

めげない。

時間潰しに、目の前にあった、インターコンチへ。

1杯1500円のコーヒーくらいにしか、手が出せないコスパぶり。

うん。
めげない。

朝のラウンジ。

だだっぴろいソファーで読書始める。

すると
子バエが俺の周辺を漂い始めた。

滋賀県から連れて来たのだと黙認。

ただちに俺は必死に手で振り払う。

フンッ!フンッ!
て。

朝の落ち着いたラウンジで一人、フンッ!フンッ!って。


まるで薬物中毒者だ。


めげない。
とてつもなく、めげたかったが。
それでも、めげない。


俺は、めげない。





そういう話。

Hona
[PR]
by archie-upendi | 2014-05-31 23:21

結婚記念日。

f0211671_22254250.jpg


5月12日は、僕らの結婚記念日。



結婚っていいもんです。

それがずっと続くように、お互いの新しいところを認め合いたいです。


いつもありがとう。


これからも、ラフにいこう。


Hona
[PR]
by archie-upendi | 2014-05-12 22:35

うまれたところ。

f0211671_21593935.jpg


日曜日。
僕の生まれ育った滋賀県日野町へ家族で帰った。

老人ホームに居る祖母にも会いに行った。
婆ちゃんは、7年ほど前から僕を「いしおさんけ?」と呼ぶ。

いしおさんとは、すでに亡くなっている伯父さんだ。

ボケては無いが、なぜかいしおさんに見えるらしい。

余談はさておき、余談の本題に入るよ。
※このブログのほとんどは、余談でできている。

婆ちゃんに会った後は、畜産技術振興センター(通称:しちくじょう)へ行った。

子どもの頃は、飽きるほど…というか飽きながら行ってたしちくじょうだったが

おとなになって行くとわけが違う。

あの壮大感と遊牧感はどえらい休日を味わえた。


ファミリーは是非にだ。


そんなしちくじょうで撮った1枚。

ポニー。



あんなポニーに、わたしはなりたい。


Hona
[PR]
by archie-upendi | 2014-05-11 21:59