upendi

<   2016年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

MY STEP

f0211671_6734100.jpg


そんなに顔面の穴という穴を広げて
アイスを食べなくても…


おかげさまで、うちのボンも3歳になりました。

彼のおかげで、父親にならせてもらい
彼のおかげで、色んなことを学んでます。

何より、彼のおかげで湧く、エネルギーは
「しっかりしなきゃ」というのと
「楽しまなきゃ」ってのが混在。

子どもがいる。
言い訳じゃなく、強みにして生きてます。

まずは一人の人間として
見本になりたいです。

「おとうちゃんみたいなやつになりたい。」

こんなこと言ってもらえる日がくれば
僕の人生は80%コンプリートできたと言えます。


これからも応援してます。

Hona
[PR]
by archie-upendi | 2016-08-29 06:18 | Comments(0)

きのしれた人たち。

地元の仲間と、京都で集合した夏休み。

昔から、バイク乗ったり海に行ったり、とにかくそこには利害性の無い
無垢な友だち十数人が集まり、飲んで喋るin髙島屋ビアガーデン。

社会的に偉い立場になってたり
社員を抱えてたり
故郷を離れてたり
まだまだ夢を膨らませてたり

一人一人が、みんな違う。

なのに、争わない。


それが地元の仲間の醍醐味。

ここに来れてない人だっている
この大所帯。

昔から、そしてこの先も
気取らない関係が続きますよに。


Hona

f0211671_5201186.jpg

[PR]
by archie-upendi | 2016-08-17 05:20 | Comments(0)

楽しみながら、時に雨。

f0211671_0565830.jpg


ぼくらは、なんのために働く?

欲しい物のため?
家計のため?
未来のため?
働かなきゃいけないという体裁のため?

ニートやフリーターが、どんどん増えてくこの時代に
主婦がもっともっと働くような政策が進むこの時代に
誰もが未来なんか想像できない
彩りだけが増してく、もはや殺風景なこの時代に

ぼくらは、なんのために働くの?

高校とか、大学とか出て
当たり前に「働く」ことがレールになって

そこから外れた人は「自由人」みたいな
不自由thinkな現代社会で

一体、今の社会人は
なにを求めてるんかな。


立派な人になって
けっこう稼げて
みんなに慕われて

それは、本当にアナタの「働く」こと?


教えて欲しい。


まずは何をアナタは大切にしてるのか。


伝えて欲しい。

まずは、なにを大切にしたいのか。


イマドキの若者が、社会に馴染めなくなってきてる?
いや、馴染めないオトナが増えてんじゃないの?


付き合いの飲み会、付き合いのゴルフ
付き合いの休日に、付き合いの連絡。

それがもし、ちゃんとしたオトナ像なら
よっぽどそっちのが馴染めてない。

自分に。


だから、もう一度、楽しむことを作らないと。

小さな子どもは砂場で何だって作れる。
そして雨が降って、全部流れても
また新しい想像が開かれてく。

働くって、そういうことだと思う。

夢中になって、喜ばせて、喜んで。
たったそれだけが、いつからか歪んだんです。


それはきっと、大切なことを後回しにした
代償なんだと思う。


だからこの時代に
Re.work。

明日からでも。


Hona
[PR]
by archie-upendi | 2016-08-05 01:27 | Comments(0)

食べ物。暮らし。分岐点。

f0211671_23591340.jpg


かなり放置してたこちらのブログも
忘れちゃいませんので、相変わらずたまに
のぞいてくれている方、ありがとうございます。

Design
生き方の。

そんなところを少し形成する時期に入ったようです。

参院選が終わり、都知事選が終わり
すべてが終わってしまうんじゃねーの?って
思える運びのニッポン。

でも、生まれも育ちもココだから、捨てるわけにもいかないし
とにかく自分たちレベルでできる国づくりの在り方を模索してる。

大きなアクションじゃない。
小さなセクションで考えていく。

その連続で、「豊か」をかたどらないと、本当に全て滅びる。

兎に角、今、目の前の妻や3歳になった息子に何をするか。
本当は自分で育てた野菜や穀物でお腹を満たしてあげたいけど

到底、実る前にこちらが枯れる。

で、そこでの最低限の行動は、もちろん「無農薬」
しかも、滋賀県産。

滋賀に住んでて、滋賀県産を手に入れるのが安易じゃないっておかしいわ。

後は、できるだけ個人店で買い物する。


大手のスーパーにゃ、そらいろんな物あるけど
一体どこの誰を喜ばせてるのかわからない。

小さな、品揃え悪い、割高な個人店には
いつも子どもの成長を喜んでくれる店主がいて
最高の味を提供してくれてる。

同じお金なら、できるだけそんなコミュニティーに
繋げる支払いにしたい。

ま、そうもいかない時代だから
ついついスーパーに行くことも多いけど。


目の前の幸福に、心と身体奪われないようにしたいです。

ファーストフード店で幼い子がうまそうにハンバーガーかぶりついてると
むなしくなる。
ケータイゲームしてる親の横で、一生懸命楽しいこと見つけてる子どもを見ると
儚くなる。

ゆーときながら、うちの子もお菓子めっちゃ食べるし
ケータイめっちゃ触りたがるけど

そこにルールはあるよ。


「欲しいもの」が、すぐ身近な道具で手に入れられる時代の中で
子ども達は、「自分に何が必要なのか」の感覚をこれからすごく
悩んで悩んで、探していくはず。

そんな時に助けられる大人になりたくて

Design
生き方の。

していかないとなって思ったんです。


色んなこと言いましたが

段々と、正直に生きれるようになってきました。


ま、もともと複雑にも生きてませんが。笑


寝よう。


Hona
[PR]
by archie-upendi | 2016-08-03 00:37 | Comments(0)