upendi

I need Drugs

久々のFREEド平日の休みでした。
これからはこんな休日ができてくる♪

まー、皮切りの今日は、体のメンテナンスの日に設定した。

某大型ホスピタルへ足を運ばせ、門をたたいた眼科。
覚えていますか?
以前、カリスマ眼科のボディタッチ女医に「白内障の疑い」という診断を受けたことを。

そう。
裏切り。

白内障が信じられなくて、他の医師に診てもらおうと決意。

今回は、『素直になれないトンガリ眼医』だった。

今回も瞳孔を開ける手法で診察。

※上半期ですでに2回も瞳孔をあけられている25歳。

素直になれないトンガリ眼医はこういう。
『少なくとも白内障でわ無い』と。

その時、一筋の光が差し込んだ。

※瞳孔を開けられているから光は入りっぱなしなわけだが・・・。


どーやら何でもないらしい。いや、あえて言うなら遠視だったのか?

素直になれないトンガリ眼医は、詳しい処置など報告せずに、『安心』と『必要以上の光』を俺に残し、診察は終わった。

来月にまた行く。

午後(夕方)は、地元にあるスーパー整形外科に行った。

腰痛を併発していたのだ。
スーパー整形外科は初診。噂には聞いていたがすごい患者数。

しばらく待ち、レントゲン。
しばらく待ち、問診。
しばらく待ち、電気治療。

すべてがスーパーだった。

感想としては、「また行きたい。」その一心です。



今日一日で、僕はしばらくDRUGに浸る生活となりました。

no drug no life

これを乗り越えて、僕は鳥になる。


今日のつかの間に撮った一枚でさようなら。

f0211671_1193562.jpg


近江の鉄っちゃん。
[PR]
by archie-upendi | 2010-04-27 01:22