upendi

PATINA.を見つけよう。

f0211671_2356016.jpg


ご無沙汰BLOG。

秋の夜長。
500円ほどのボトルワイン2杯目にきたところで書いてます。

先日、なんでもない話から、こんなプロジェクトを思いついたので報告します。

PATINA.
パティナ。

=古色・風格・錆色

そんな意味を持つこのPATINAを進めることにした。


男の自由時間。
きっと女子には理解しがたい、究極の自己満足かもしれない。

でも、そんな男の暇つぶしを、とんでもない時間にしたい。


なんのため?

いやそれは、自分のため。


でも、男は自分のための行動が、人のなにかに役だつ。

仕事もプライベートも、こぞって「磨く」ことがポリシーでもあると感じてる。


画面タッチで色々とわかってしまうこの世の中だから
きっと、本物を触れる機会も減ったことよ。

パーティ行けば盛り上がれるし、宴会すりゃいつだって童心はカムバックする。


でも、なんだろうか?
この空虚な感じ。


もう一度、触れてみたくなる伝統。
手に入れたい、もっと静かな心。


そんなこんなをひっくるめて、「感じる」ことを基盤にしたい。

オレらはもっと、アナロギーな力で楽しめんぜ。


サブタイトルは
analogy homme factory

アナロギーな男製作所。

一緒に見つけられたら、また家庭に持ち帰って
カッコいいオトンでいられるかもよ企画。


なにかカタチにできるように
今月15日から、動き始めます。


Hona
[PR]
by archie-upendi | 2015-11-03 00:13